パーソナルカラーで春と診断されたら何をきればいい?

パーソナルカラーで春と診断されたら何をきればいい?

自分の肌や髪の毛、目の色などを元に自分にぴったり似合うカラーを大きく4つに分類したものをパーソナルカラーといって、スプリング・サマー・オータム・ウィンタータイプにわけることができます。

主にイエローベースがスプリングとオータム、ブルーベースがサマーとウィンターで大別されています。

特にスプリングはイエローベースの中でも明るくポップな印象の色が多いグループで、春に咲くチューリップやガーベラ、初夏を思わせる若葉だったり、フレッシュなオレンジやキーウィ、ピーチやバナナといったフルーティーなビタミンカラーも得意と言われています。

こういったカラーを顔に近い部分に配置してコーディネートすることで、肌色が明るくみえていきいきとした印象を与えることができます。

逆に黒やネイビーなどの暗くて濃い色、くすんだ色を顔の近くに持ってきてしまうと、カラーが強すぎて、顔がぼやっととしてしまうので要注意です。

シックなカラーが好きな方はなるべく顔から話したカ所ボトムスや小物で適宜照り入れると良いでしょう。

万能カラーで得意な色は優しいイメージのあるベージュなので、パンツやスカートはじめ、ニットなどでワンシーズンに1つはアイテムとして用意しておくと、コーディネートに迷ったときに使えて便利です。

明るい色は苦手な人でもマフラーやスカーフ、帽子などの顔周りの小物ならば買いやすいし、アクセントとして取り入れやすいのでチャレンジしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました