夏でも快適に着ていられる洋服の素材でおすすめのものはありますか?

夏でも快適に着ていられる洋服の素材でおすすめのものはありますか?

夏の暑い季節になると、洋服が肌に纏わりついて鬱陶しく感じるものです。

だからこそ、少しでも快適な素材でできたものを選ぶことをおすすめします。

そんな、夏向きの素材のそれぞれの特徴についてチェックしていきましょう。

通気性がよく肌触りのいいコットン

夏用の洋服素材で特に利用しやすいのがコットン製のものです。

肌着などにもよく用いられますが、天然素材なので肌に優しく、汗でかぶれてしまいやすいかたにもピッタリです。

シワになりやすいというデメリットがありますが、ナチュラルな風合いで通気性がよく、Tシャツや1枚でサラッと着られるワンピースに最適でしょう。

シワがオシャレなリネン

リネン素材はコットンと比較して少し硬い手触りですが、通気性だけではなく速乾性にも優れているので、汗っかきのかたには特に利用しやすい素材です。

こちらも天然素材なので使い勝手がいいのが魅力になります。

シワになりやすいものの、そのシワにも味わいが出るのでアイロンいらずというところも便利です。

扱いやすいのが魅力のポリエステル

コットンやリネンとは異なりこちらは合成繊維ですが、若干毛玉はできやすいものの耐久性が高く、伸縮性にも優れているために、頻繁に洗い替えるシャツやブラウスなどにおすすめできます。

こちらはシワにならないのもメリットです。

ポリエステルが使われている洋服はしっとりとしていて滑らかな手触りなので、天然素材の少しパリッとした感覚が苦手なかたにも使いやすいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました