考え方を少し変えてみることで依存しすぎなくなる

考え方を少し変えてみることで依存しすぎなくなる

占い師に自分の将来を託すように相談することは、後々、功を奏するかもしれないけれど、アテにしすぎてしまった挙げ句、ハズレてしまって心底後悔することにもなります。

実際に自分の場合には、どちらも体験しているのですが、それでも、占い師の言葉が印象深く残り、今度こそは当たっているかもしれないと感じてしまいます。

ファーストステップで相談をして、もしも占いがハズレていたら、たぶん、当たらない要素があるからという意味合いでしか占いを信じなくなると思います。

または、この占い師は本物ではなかったからという理不尽極まりない態度をとってしまうかもしれません。

しかし、実際に体験して言えるのは、自分自身の中身の問題ですし、捉え方の問題でした。

相談した内容がすべて当たっていた占い師による鑑定、しかし、次に占ってもらったらハズレていました。

実際に私が信じていたのはなんだったのでしょうか。

ただ、良いことを口にしてもらうだけで気持ちが前向きになる、ただ悪いことを口にされるだけで気持ちよりも人を疑いたくなりました。

自分自身の気持ち次第で、良くも悪くも転がることを、心理学的知識を持つ占い師は知っています。

ですから、電話占いでは必ず、「アドバイスとして聞いてください」と伝えられます。

自分は、生涯働き続けるという果てしない道が続くためか、仕事の悩みが多いのですが、自分の仕事が会社の未来を変えるとは考えてはいません。

しかし、占い師によっては「あなたが変えるのです」と言われたことがあります。

平社員でもない派遣なのに、経営層と社員とのグループで会食があり、そこで目に止まり、社員登用になる話しでした。

しかし実際には、派遣切りになりました。

もちろん、オーバーすぎた占いでしたから、信じることはありません。

でももしかすると、そうした期待は今も変わらず持っていて、占いは次のステップへのトレーニングと考えを改めています。

タイトルとURLをコピーしました